A password will be e-mailed to you.

writers

13歳の息子へ、新しいiPhoneと使用契約書です。愛を込めて。母より

クリスマスの日に米国マサチューセッツ州のあるブロガーお母さん(Janell Burley Hofmanさん)が13歳の息子にiPhoneをクリスマスプレゼントとしてあげました。しかしそのiPhoneの箱には彼女が作った使用契約書も入っていました。その内容があまりにも素晴らしかったので和訳しました。...
Photo by MMT-Akira

私の2013年の抱負:「集中」と「やらないこと3つ」

2012年は私にとって「激変」の年でした。 8年間の日本での生活に終止符をうち、二人目の息子がパラグアイで生まれ、母の国チリで新しい生活が始まりました。仕事では、チャレンジと失敗が多い年でした。実行力とコミュニケーション、プランニング能力、そして特に集中力が欠けていたと反省しています。甘えがでてしまった。...

~芸人ぶらっくさむらいのお笑い悲喜こもごも~

ここ最近ハーフや日系人の人達に会う機会が立て続けにあり、 くだらない話や、お互いの近況、考え方、他様々なトピックを シェアしたりDiscussionしたりする事で、また更に自分の視野を 広げる事ができた。考えさせられる事も多かった今日この頃なので、 今回は久しぶりにじっくり書いてやろうと思う。...

世界を旅して学んだ「空の旅を快適にする12のコツ」:デジタル時代のトラベラー術

私が今住んでいるチリから日本までの交通時間を合計すると約30時間かかります。そんな長旅をどうやってすればもっと楽しく快適にできるか、どうすればスマートに目的地までつけるかというのが毎回の僕の課題(楽しみ)です。 そこで自分の経験や先輩トラベラーから学んだコツを紹介したいと思います。(あまり人に教えないでね。笑)...

2人の子の母・葛藤

2012年6月20日、一人っ子だった息子に弟が誕生しました。 自然分娩で同じ20日に産まれた次男、上の子と同じように干支の漢字を使って、 人道を重んじる人に育って欲しいという願いを込めて、龍義(りゅうぎ)と名付けました。...

English in Japan~日本人と英語~

アメリカに留学した時、当初全く英語を話すことができなかった。僕は演劇学校に転向するまで結構長い期間向こうの語学学校に通っていた。様々な国からきた生徒達が一つの部屋で、アメリカ人の先生から英語を学ぶんだけど、最初の頃は面白い発見が沢山ある。...

ムヒカ大統領のインタビュー:消費主義社会について

ムヒカ大統領のスピーチを翻訳してさまざまな意見があったなか、少し気になる点がありました。それは、ムヒカ大統領はこのRio+20のときだけにこんなスピーチをしているのか、あるいは普通の会話でもこのような考え方を貫いているのかという点です。大抵の国や組織のトップはスピーチスタッフに内容を丁寧に書いてもらってそれを自分流に読むのです。...

皆さん、注目!チリのスタートアッププログラム。

チリにはStart up Chileというチリで事業を起そうとする企業家支援プログラムがあります。 チリをきっかけにして世界に羽ばたく企業家を支援したいという名目で、チリ政府が主導で行っているプログラムで、 チリをアイディアの発祥地となるよう2014年までに1000のプロジェクトのスタートアップを支援する予定だとか。...